01.電気設備工事
01.電気設備工事

商業施設や公共施設等あらゆる施設の受変電設備、照明設備、電灯コンセント設備など多岐にわたる
電気設備のシステム提案、設計、施工、メンテナンスまでを一貫して行います。

電気設備工事の種類
  • 受変電設備工事 受変電設備工事

    電力会社から供給される電力を、建物の用途にあった電力(電圧)に変換す
    る設備を受変電設備といいます。変圧器、開閉装置、高圧配電盤等からなり、
    電力を供給する非常に重要な設備です。
    商業施設、工場、ホテル、学校等の特別高圧電力から、一般的な事務所ビル
    やマンション等の普通高圧電力、また一般住宅の低圧電力まで、設備の新設
    工事、既存設備の改修工事・保守点検、定期点検等を行っています。

  • 幹線設備工事 幹線設備工事

    幹線設備工事は照明器具やコンセント等の機器や空調機・エレベーター・ポンプ
    類等の機器に電力を供給するための設備工事で、変圧器、配電盤を経由して各電
    灯分電盤、動力制御盤に至る配電経路を構築します。
    幹線とは受変電設備から分電盤までをつなぐケーブルのことです。電気設計の
    重要な部分で、電気設備工事にかかるコストの大部分を占める工事となります。
    幹線により、その建物で使用できる電力の容量が決まりますので、新築に関して
    は言うまでもなく、改修についても既存建物の調査を適切に行い、建物の電力
    需要量に適した配線工事を行います。

  • 動力設備工事 動力設備工事

    動力設備とは、各設備に対して電力を供給する為の部分で、電気エネルギー
    を機械エネルギーに変換する電動機及びその付属機器、装置です。具体的に
    はエレベーターやエアコン等に電力を供給するための設備です。動力設備
    工事は、一般的に3相200Vの機器に電気を供給する工事のことです。

  • 照明設備工事 照明設備工事

    照明設備は照明器具と、照明器具に電気を供給するための分電盤・配線そして
    照明器具を制御する点滅器・調光器などをいいます。
    住居・ビル・工場・商業施設等の建物の照明や、街路灯・道路照明・トンネル内
    の照明等、あらゆる照明設備の設置、メンテナンスから、点滅器や調光器といっ
    た制御部品のメンテナンスまで、お客様のニーズ、建物の目的に応じて適切
    に組み合わせてご提案させていただきます。

  • コンセント設備工事 コンセント設備工事

    各種電気機器やOA機器の電源の差込口コンセントを設置する工事です。従来
    の壁付コンセント以外にもフロアコンセントや天井コンセントなど、部屋の形
    状や使用目的に応じてご提案・設計・施工をさせていただきます。

02.通信設備工事
02.通信設備工事

電気通信線路、防犯カメラ、火災報知器、情報通信設備などを事業領域としております。
商業施設、公共施設の有線、無線LANシステム、光ケーブルまた防犯カメラといった情報化社会の
現代には欠かすことのできない通信ネットワーク設備のシステムを適切にご提案・施工いたします。
また、保守・運用や業務内容・規模の変更に伴うシステムの更新にも対応いたします。

LAN工事 LAN工事

・電源工事
・LAN配線工事
・無線LAN工事
・UPS設置工事
・サーバ用架台設置工事

03.防災設備工事
03.防災設備工事

自動火災報知設備などの消防用設備はその役割の重要性から、消防法の基準に基づき、消防設備士など
一定の資格を持った者のみが工事・整備を行うことができます。
消防関係法令等を十分に理解して、設置する防火対象物の用途、規模及び構造に適合するように設計
する必要があります。

警報設備

自動火災報知設備、ガス漏れ火災警報設備、非常警報設備、消防機関へ通報する火災報知設備、防火・防排煙設備など

04.仮設足場、とび工事
04.仮設足場、とび工事

足場の設置、〇〇〇工事を行っております。橋梁工事やプラント等、高所作業用足場としての用途が
多い足場に採用される「吊り足場」も対応いたします。「吊り足場」は上部から吊り下げた足場で、
地上から足場を組むことが難しい現場に高所用の足場として採用されることが多い足場です。作業
箇所全面に吊り足場を設置することにより、組み直す手間がなくなり、工事作業効率がアップします。
地面との接点がない分不安定になりやすく、少しの不注意が事故につながる危険性があるため、
組立てる際には高い技術と経験、徹底した安全対策がが必要となります。

吊り足場のメリット
  • 地上での組み立てが困難な場所に設置可能 地上での組み立てが困難な場所に設置可能

    橋梁やマンションの吹き抜けなど、地上に
    足場を組み立てることが困難な場所で設置
    することができます。

  • 広範囲の作業が可能 広範囲の作業が可能

    高所での水平方向の作業が多い現場に適
    しており、作業箇所全体に吊り足場を設置
    することで、作業を一気に進めることが
    できます。

  • 資材を削減することが可能 資材を削減することが可能

    足場面積が少なくなるため、足場板など資
    材の量を大幅に削減することができます。